風俗店向け
ホームページ制作ならiico

Blog

お店の検索順位をあげるために出来る事 その1

ホームページの運用管理をされていらっしゃる方でしたら、
「SEO(エス・イー・オー)」や「SEO(エス・イー・オー)対策」といった言葉をお聞きになった事があると思います。
既に対策を行っているという方も多いと思いますが、
聞いた事はあるけれど中身はよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回は「SEO」や「SEO対策」とは何かを簡単に説明させていただきます。


「SEO」とは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」 の略です。
GoogleやYahoo! 等でキーワード検索した際、
そのウェブサイトが検索結果で上位に表示されるために行う取り組み全般を指します。
※特定の検索キーワードに対して課金して上位に表示させる広告はSEOとは異なります。


「検索エンジン」とは、インターネット上のウェブページを検索するシステムのことです。
世界中のウェブページから、検索したキーワードに合ったページを探してくるものです。
検索エンジンは複数ありますが、日本において検索エンジンといえばGoogleであると考えて問題ありません。
日本の検索エンジンのシェア率 1位はGoogle、2位がYahoo!となっています。
但し、Yahoo!のシステムはGoogleの検索エンジンを採用しているため、
1位のGoogleと2位のYahoo!のシェアを合わせたほぼ9割はGoogleのシステムによって処理されている事になります。
そのため、日本におけるSEO対策とはGoogleの検索エンジンに向けて最適化することに注力することがおすすめです。
また、SEOに関しては様々な情報で溢れていますが、何が正しいのか明確な答えはありません。
しかし、SEOを行う上で最重要となるポイントは、
「良質なコンテンツ(ホームページに掲載されている文章、画像など内容の全て)を作成し
ユーザーに対して価値のある情報を提供し、検索エンジンに正しく内容を伝える」ことです。


検索行動をとるユーザーにとって満足感のあるコンテンツ
(例えば、問題を解決できる、新しい情報や専門的な知識を得られる等)を提供できなければ、
どのようなSEO対策を行っても上位表示は見込めません。
要はコンテンツのクオリティを上げることが重要なのです。
もっと簡単にいえば、例えばユーザーに対して分かりやすい文章や記述にすることが、
検索エンジンの評価を高めるためにも必要だということです。


ホームページの品質を正しく評価するための項目としてGoogleは3つの評価基準を重要視しており、
SEOを行う上で重要な概念となっています。
Googleが独自に定めた以下の3つの評価基準の頭文字をとって表現した造語があります。
「E-A-T」と呼ばれているもので、その基準が以下の3つになります。

・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

今回はここまでとさせていただき、「E-A-T」については次回とさせていただきます。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。


========================
iico運営事務局
10:00〜18:00
info@iico.jp
お問い合わせはこちらから
========================